スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗える敷布団、ブレスエアー敷布団

大人の就寝時、一晩でコップ一杯分の汗をかくと一般的に言われています。しかも、日本は高温多湿な住環境。
菌が繁殖しやすい環境にもかかわらず、大半の寝具は洗えません。

気になるニオイやカビ・ダニの繁殖などでご心配になられたご経験はありませんか?
また、小さなお子様がいるご家庭や、寝たきりの方を介護していらっしゃる方は敷布団が洗えたらいいのに、、、と思った経験が1度はあると思います。

カビやダニの弊害は一般にも知られている通り、アレルギーや喘息、アトピー皮膚炎など、様々な害を人体に引き起こします。

しかし!
ブレスエアーは構造や成分自体で雑菌やダニに嫌われる性質があります。

硬綿やウレタンの寝具からは、日々無数の目に見えないくらいの繊維クズやウレタンカスが発生します。素材構造上避けることができませんが、実はこれらのカスはダニの好物ですので、繁殖の温床となります。
一方ブレスエアーは連続繊維構造ですので、繊維クズが殆ど発生せず、ダニのエサになることが殆どありません。また、ウレタンや硬綿と異なり、温度が上がりにくく、水分や湿気も素材にこもることがないので、雑菌やダニにとっては居心地がよくないのです。


そして、なんといっても、中芯材であるブレスエアー自体を手軽にジャブジャブ洗え、しかも直ぐに乾いてしまうという洗濯性能。

ダニや雑菌にはとても棲みにくい環境下ですよね。
そして、小さいお子さんのおねしょの際でも、シーツ(側地)だけでなく中まで敷布団ごと丸洗いができるから、ニオイ・雑菌もほとんど残りません。


もちろん、病院や介護用マットレスとしても幅広く使用されているブレスエアーなので、そこでの使用条件に、素材に制菌効果があること認証を取得する必要があります。
ブレスエアーは、制菌の認証レベルでは最も高いSEK赤マークを取得済。

素材自体に制菌効果の高い成分が練り込んでありますので、効果は半永久的に持続します。また、病院や公共施設での使用実績が示す通り、人体への影響は全くない成分を使用していますのでご安心いただけると思います。



丸ごと洗える敷布団。ご購入は>>コチラから(^^)
◆ブレスエアー商品に関するトピックスは>>コチラ から
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chie kimura@sunnyheal

Author:chie kimura@sunnyheal
夫の接骨院(接骨院たくみ@日暮里)の税務経理・受付などでお手伝いしながら、sunnyheal(サニーヒール)というウェブショップの運営も。。。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QR
counter
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。