スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブルクッション構造の敷布団

「ホテルスタイル」と呼ばれる、マットレスの上にマットレスが載っているような見た目のベッドを「ダブルクッション」と呼びます。
ダブルクッションにすることで、上からの圧力を下で分散したり、マットレスの耐用年数を伸ばしたり…ということで注目され、世界中の高級ホテルのベッドにはこのダブルクッションが採用されているようです。


それを「敷布団」として同じような構造にしているのが当店オススメの敷布団です。>>コチラ

1.jpg




下層のハードタイプで、まずは体圧を吸収・分散。そして、上層ソフトタイプの優しい弾力性で体全体を支え、背筋がしっかり伸びた寝姿勢を保ちます。2層構造だから実現できる独特の分散性と弾力性で、負担のかかりやすい、肩・腰・お尻の加重が分散します。
リバーシブルになっているので、お好みの硬さでご使用いただけます。

そして、ダブルクッションに使用している素材が「ブレスエアー」だというのが贅沢なところです。

東洋紡ブレスエアーは、形状はヘチマタワシのような、内部で空気が循環する高通気構造。

クッション性はゴムで出来たコイルバネのような、やさしくコシのある、独特の弾発力を示しています。しかも耐久性に優れている…と、「通気性」「高反発」「耐久性」「清潔性(洗濯性)」の四拍子そろった全く新しいタイプのクッション素材です。

ブレスエアーはその高い機能が評価され、寝具だけではなく、電車などの座席、甲子園球場などの屋外共用座席、介護市場でも大活躍しています中芯(パーツ)は頭部・腰部・足部すべて同じサイズで、前後、左右、裏表がありませんので、荷重が大きくヘタリやすい腰部のパーツをローテーションして使用することにより、ヘタリの偏りを抑えて高い耐久性をより高めることができます。
また、パーツは1枚単位で販売しているので、硬さの好みが変わったり、ヘタリやすい腰部のパーツだけを交換したい場合にも、パーツ単位で購入できますので、たいへん経済的です。


中芯にブレスエアーのみを使用し、ダブルクッション構造で厚さ7cmの敷布団。ご購入は>>コチラから(^^)

◆敷布団に関するトピックスは>>コチラ から
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chie kimura@sunnyheal

Author:chie kimura@sunnyheal
夫の接骨院(接骨院たくみ@日暮里)の税務経理・受付などでお手伝いしながら、sunnyheal(サニーヒール)というウェブショップの運営も。。。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QR
counter
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。