スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスソルト

アロマやハーブでもバスソルト作りってしますが…

そもそも…お風呂に塩を入れると、何がどういいの?

その疑問を解決すべく、調べてみましたφ(..)メモメモ
(今回は長文です(^^ゞ)



塩を使った入浴には、神経を休める働き、温熱効果(冷え性、肩こり、腰痛)皮膚の浄化作用、二日酔いの緩和、角質を軟化し、肌をつるつるにする効果、新陳代謝を高める効果、発汗作用などがあるといわれ、クレオパトラや楊貴妃も入っていたようです。

バスソルトに使うような塩は、天然の岩塩が多く、炭酸ナトリウム、硫酸ナトリウム、塩化カルシウム、アルミニウムみょうばんといったミネラル分が含まれています。
これらは一般的な温泉の含有成分ですので、上記にも書いたような天然成分による肌の好影響を評価している口コミが多く見られます。

実際、バスソルトを愛用している方々の多くに、肌がすべすべになった、肌が引き締まった、冷え性が改善された、ボディラインが綺麗になった…など、美容だけでなくダイエット効果を感じている人が多くいるようです。

ちなみに…スーパーなどで100円前後で売られている食塩の場合は不純物を取り除き、塩化ナトリウムの純度を最高にしているため、一般的なバスソルトのように、ミネラルが入っていないのです。
もちろん塩化ナトリウム(食塩)も保温や発汗、肌の引き締めなどに役立ちますが、ミネラルがないのでトータルでの戦力が少ない、というわけです(^^)b

余談ですが…熱帯魚など、観賞用の淡水魚が病気(皮膚病)になったときにも塩を入れて治療をします。

そう考えると、やはり、バスソルトは肌に良い影響を与えてくれるように思います。
通常の入浴剤は有効成分以外に化学物質をふんだんにつかっていますが、バスソルトは天然成分のみ。そう考えると・・・??ね。

このところ、連日バスソルトを使って入浴し、体感中です(^_^)/


ウェブショップでも取扱い始めました☆ >>コチラ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chie kimura@sunnyheal

Author:chie kimura@sunnyheal
夫の接骨院(接骨院たくみ@日暮里)の税務経理・受付などでお手伝いしながら、sunnyheal(サニーヒール)というウェブショップの運営も。。。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QR
counter
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。