スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マヌカハニーの英文字と数字の違いって??

私のネットショップ(sunnyheal)で取り扱っているマヌカハニーはMGO250+

でも、他のお店でマヌカを見かけると、100とか、20とか10とか…。
数字の前についている英語もMGOだったりUMFだったり…

一体全体何なの??

ということでφ(..)

IMGP6337.jpg


まず、ついている数字はマヌカハニーの殺菌力の指標となり、数字が大きければ大きいほど、高い抗菌力があるということを示します。


UMFは、unique manuka factor(ユニークマヌカファクター)の略で、病院などで消毒液として使われているフェノール溶液の濃度と比較して数値化したもの。例えばUMF10のマヌカハニーはフェノール水溶液10%と同じ抗菌作用を持つということになります。(病院の消毒液が2-4%だそうですよ)


MGOは、UMFの抗菌殺菌効果が「食物メチルグリオキサール」によるものだと解明し、マヌカハニー1kg当たりに含まれる食物メチルグリオキサールの量(mg)を数値で表したものです。


UMFとMGOの換算としては
UMF10=MGO100
UMF20=MGO400
UMF25=MGO500
こんな感じです。

ですので、sunnyhealで取り扱っているMGO250+はUMF16+と同程度といったところでしょうか。


ネットショップsunnyhealの商品は>>コチラ



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 健康食品 サプリメント
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chie kimura@sunnyheal

Author:chie kimura@sunnyheal
夫の接骨院(接骨院たくみ@日暮里)の税務経理・受付などでお手伝いしながら、sunnyheal(サニーヒール)というウェブショップの運営も。。。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QR
counter
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。