スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石けんを使うということ

先日、石けんの講習を受けてきました。

その際に先生の言葉で心に残ったこと。

「健康のために…と、食を見直し食を考えるということは、個人・家族のことを考えるものですが、石けんを使った暮らしをする、ということは、自分や家族のことを考えるだけでなく、生活排水を考えることでもあり、家の外の環境、未来をも考えることにつながるんです。」



排水って目に見えない部分ですが、確実に私たちの意識で変えられるところ、変えるべきところだと思います。

排水が流れ出る川や海のこと、水生生物をはじめとする生物のこと、川や海の環境問題、川から取水されてまた家に戻ってくる水道水のこと…いろいろなことを知ることにつながります。

まずは、廃油やごみを生活排水と共に流さないのはもちろんのこと、化学物質を流さないこと。


排水で流れ出た化学物質は分解がしずらいものです。
環境への負荷は大きく、環境ホルモンの影響も出てきます。

合成洗剤(界面活性剤)のコワサを知ると、やっぱり石けんなんだなぁって思います。

もう少しすると、昨年度、パルの組合員として商品改善にかかわらせていただいた洗濯せっけんが発売されます。ホームページやカタログなどでもちょいちょい出没する予定です
石けん洗濯に興味がありながらも、めんどくささなどから合成洗剤を使っている方に
石けん洗濯の良さを知ってもらいたい、使ってもらいたい、というのが大まかなコンセプトでした。
今回のターゲットは私のような石けん初心者・中級者さんです。

soap.jpg

唯一心残りなのは、パッケージデザインまでたどり着かなかったこと。
プライベートブランド商品のため、パッケージの変更には時間も手間もかかるそうなんです(ーー゛)

せっかく中身がいいのだから、もっと素敵なパッケージに変えたかった!!
これがメンバーの意見でもあり、今後のパルさんへの宿題です。



そうそう。

石けん洗濯をする時には、
市販の柔軟剤やハイターのようなものは
いりません

というか、使わないでくださいね(^^)b
洗濯せっけん以外に使うとしたら、クエン酸か、酸素漂白剤(過炭酸ナトリウム)です。


なぜか、とか、そもそも、洗濯石けんと合成洗剤の違いは…と話し出すときりがないので、
そのお話はまたいつか。
>>コチラも参考まで。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chie kimura@sunnyheal

Author:chie kimura@sunnyheal
夫の接骨院(接骨院たくみ@日暮里)の税務経理・受付などでお手伝いしながら、sunnyheal(サニーヒール)というウェブショップの運営も。。。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QR
counter
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。